日々成長していくためのブログ

雑記ブログ。日々新しい発見をして、考えをまとめていきたい。

『思い出し模写』を実践してみた

絵を描く時、最近はずっと通常の模写をして、基本的な人物の描き方を学んできた。しかしお手本を見ながら描くと、人物の細かい部分を描くときに、「ここはどうやって描くんだっけ?」と思ったときにすぐにお手本を見てしまう。これでは自分で考えて描く力がなかなかつかないと気がついた。

 

絵を上達させる方法として、より効果的な方法がないかと調べたのだが、『イメージ描き』なるものがとても効果的だと思った。

egokororoman.com

 

特に『思い出し出し』模写を実践してみた。まず1、2分間お手本を自分なりに細かい部分まで見る。満足したらお手本を見ないようにしつつ、頭の中でお手本のイメージを思い出しながら描いてみる。

 やってみると、お手本を見ていたつもりが、細かい部分が全く見れていないことに気がつく。「あれ、ここどんなふうに描けばいいんだ?」と何度も思ってしまう。「対象を見る目」がちゃんとついていないことに気が付かされる。

 この「どんなふうに描けばいいんだ?」というフラストレーションと、対象を見る目がついていないという気付きを得た後に、今度はお手本を見つつ、描いてみる。すると、「ああ、ここはこういうふうに描けばよかったのか!」と、筆がどんどん進んでいくのだ!この『思い出し模写』を実践して、細かい部分も意識しつつ、対象を見れるようになる感覚を体験した。

 

この『思い出し模写』を毎日継続して行っていけば、きっと絵は上達すると信じる💪