日々成長していくためのブログ

雑記ブログ。日々新しい発見をして、考えをまとめていきたい。

ブログをより良くするために考えたこと

先週自分が書いた記事を振り返った。極力具体的なエピソードを交えて、自分の言葉を表に出す工夫をしている様子が伺えて、我ながら微笑ましい。

 一方で、ブログを書く際に改善していきたいと感じたことは、

  • 見やすさ、読みやすさを追求すること。主張したい部分に太字やアンダーバーを使うことで改善できる。また、画像を挿入するなどの工夫もあるとなお良い。
  • タイトルは文章を書いた後に決めること。というのは、文章を書く時に最初にタイトルを決めてしまうと、そのタイトルに縛られて文章を書いてしまう傾向があるから。また、タイトルからずれたことを後ろの方に書いてしまう傾向があるから。例えば、以下の僕の記事では、タイトルと後ろの方に書いた「同僚の話から学ぶこと」に書いた内容の繋がりが明確でない。修正するならば、この同僚の話のエピソードは別記事にまとめるとよい。

    knowledge-pioneer.hatenablog.com

     

  • 一記事に書くテーマは一つに絞ること。事前に、今日は「ブログを良くしていくこと」について書こうと決めると、一貫した内容を書け、焦点がブレにくい。
  • 読者に語りかけるイメージで、温もりが感じられるイメージで、文章を書くこと!!!!!
  • ただの雑記ではなく、人に貢献できる、人に「ありがとう」と言われるような情報を書く意識を持つこと。そのために、ありきたりなことではなく、自分が体験したエピソードを書く習慣を持ちたい。
  • 誤字脱字に気をつけること。
  • 表現力を高めること。以下に詳細を書く。

 

表現力について

ブログを面白くするために必要な能力の一つとして、表現力がある。僕自身、表現力を高めたいなと思うところがある。どのようにしたら表現力を高めていけるのか?具体的な方法として次のことを考えた。

  • 自分独自の言葉を捻出すること。言葉の組み合わせの独特さというか、読んでいて読者を飽きさせないような、読者の印象に残るような言葉を使いたいなあと常日頃思っている。例えば、最近人を褒めることを習慣づけようと思っているが、「褒める」と生体の恒常性を保つといった意味の「ホメオスタシス」を組み合わせた「褒めオスタシス」という言葉を捻出した。この例は「自分の言葉」で話すことにも通じている。
  • knowledge-pioneer.hatenablog.com

     自問自答すること。あるテーマについて、疑問を持って、思考を進めていく。『東大教授が教える独学勉強法』という本で読んだのだが、「なぜ?」「それで」「本当?」の3つを使うと、自然と考えが深まっていく。 

東大教授が教える独学勉強法

東大教授が教える独学勉強法

 
  • 時には物語形式で書いてみること。登場人物に感情移入できる工夫ができればなお良い。

他の人達のブログもよく見て、どのようにしたら良いブログにしていけるのが考えるのも面白いと思っている。意識して、良いブログにしていきたいな。